『信州かるた』普及版

img_53301.JPG

『信州かるた』普及版の特徴は、
①読み札・絵札が、つながっているので、自分で切り取る。
②ぬり絵のケースがついている。
 

札セットの手間を省いて、値段を安くしている。

『信州かるた』は、県歌『信濃の国』をベースに、県下各地の名勝・旧跡・祭事などを織りみ、読み札の解説書きと信濃の国の歌詞・楽譜も付いている。

郷土学習の教材にも最適なので、県下各地で、子どもたちに遊んでほしい。
普及版も広めて、そんな活動につなげたい。

書名     信州かるた・普及版
著者  読み札と解説 今井  裕
発行社(者)  ほおずき書籍
長野県長野市柳原2133-5
TEL:026-244-0235㈹
印刷所名   ほおづき書籍
枚数 48
発行年月   2010年12月24日
分類     (03) 文芸部門
定価(本体)  1050 円

トラックバックURL: http://hi-w.blog.avis.jp/archives/36/trackback

コメント

(必須)

(必須)
(メールアドレスは公開されません)