書初め・祝新年 『左馬』

e5b7a6e9a6ac.JPG

書初め・祝新年『左馬』

「左馬」の由来・招福と商売繁盛のシンボル

「馬」の字が逆さに書かれている「左馬」(ひだりうま)。「うま」を逆から読むと「まう」と読める。「まう」という音は、昔から、めでたい席で踊られる「舞い」を思い起こさせるため、「左馬」は福を招き縁起がよい。 

 「馬」の字の下の部分が、財布のきんちゃくの形に似ている。きんちゃくは、口がよく締まって、入れたお金が逃げていかないため、富のシンボルとされる。  

◎人が馬を引くものだが、その馬が逆になっているため、馬が人を引いてくる(=招き入れる)ということから、商売繁盛につながる。  

◎馬は左側から乗るもので、右側から乗ると落ちてしまう。「左馬は倒れない」として、人生を大過なく過ごせるという意味が込められている。

トラックバックURL: http://hi-w.blog.avis.jp/archives/95/trackback

コメント

(必須)

(必須)
(メールアドレスは公開されません)