これまでに出版・発行した書籍・冊子を、希望者にお送りしています。

p10002983.jpg

これまでに出版・発行した書籍・冊子を、希望者にお送りしています。

それぞれ代金と返信用封筒を郵送して下さい。

返信用封筒に、書籍・冊子を、そのまま入れてお送りしますので、ご了知下さい。

送り先は、「長野県上田市中央3-15-21 中小企業診断士事務所 今井 裕」です。

・『地域デザイン法~地域革新の視点と戦略~』銀河書房19947

@1500円 B6サイズ 

角形7号or6号封筒 ゆうメール 210円切手貼付

・『仕事のマネジメント~いい仕事をするための理論~』ほおずき書籍 200112

@800円 B6サイズ 

角形7号封筒 ゆうメール 210円切手貼付

・『親の心 子知らず 』ほおずき書籍 20021

@500円 B6サイズ 

角形7号封筒 ゆうメール 180円切手貼付

・『魅力ある商店街づくり~商店街活性化の課題と方策~』20121

@500円 A4サイズ 

角形2号封筒 定形外 140円切手貼付

・『経営いろは格言~商売の応援詩~』20131

@1000円 B6サイズ 

角形7号封筒 定形外 140円切手貼付

『経営いろは格言~商売の応援詩~』を発刊(2013年1月)。

p10003003.jpg

『経営いろは格言~商売の応援詩~』を発刊(2013年1月)。

経営で配慮すべき事項を「経営いろは格言」で簡潔に表現し、さらに、その内容を詳述。

書名    経営いろは格言~商売の応援詩~
著者  今井  裕
サイズ    四六判  ページ数 56

発行年月   2013年1月
分類     (04)研究・評論部門
定価(本体)  1000 円

知の工房

「知の工房 コミュニティ・シンクタンク上田」を標榜し、ブログホームページ名にもしている。

「知の工房」なので、常に、知の創出に努めているが、これからも、それを続けなければと思う。それが、自分にできる使命だと。 

時に、これまでの歩みを整理しておきたい。

・『地域デザイン法』銀河書房19947

HP「中小企業のためのインターネット・イエローページ」199511

・『仕事のマネジメント』ほおずき書籍 200112

・『親の心 子知らず 』ほおずき書籍 20021

・『企業の経営実務帳』20071

・『経営いろは格言』20081

・『信州かるた』ほおずき書籍200912

・『信州かるた普及版』ほおずき書籍201012

HP「知の工房 コミュニティ・シンクタンク上田」20111

 ・『魅力ある商店街づくり』20121

・『経営いろは格言~商売の応援詩~』20131

【調査研究—-中小企業診断協会共同調査研究】

 ・『商店街におけるマルチメディア活用』1997年

・『中小企業のインターネット活用戦略』1998年

・『広域連携のすすめ  ~21世紀を拓くまちづくり戦略~』2000年

・『コミュニティ・ビジネスの創出支援と地域活性化』2004年

【以下は、職場勤務で企画・作成したもの】

  ・『長野県ガイドブック』銀河書房19833

・『信州の郷土食』銀河書房19857

・『地域らしさを活かすまちづくり~地域CIマニュアル~』1989

・『信州ふるさとの歌』銀河書房19935

・『商工会白書』1996

・『中小企業データブック』1996

・『経営自己点検マニュアル』1996

・『信州ふるさとの歌の風景』ほおずき書籍 20003月 増補改訂20029

  ・『女性のための経営がわかる本』信濃毎日新聞社出版部200304

『経営いろは格言』・『企業の経営実務帳』

e7b58ce596b6e38184e3828de381afe6a0bce8a880.JPGe8a1a8e7b499e58699e79c9f2.JPG

『経営いろは格言』(2008年刊)

経営をする上で、留意すべき事柄を「いろは格言」として、とりまとめている。

『企業の経営実務帳~自らの経営を考えるために~』

(2007年1月刊)。

企業経営の諸分野について、現状把握や分析のために、経営者自らが記入するための実務帳。横文字などを使わず、平易にまとめている。

いずれも、東御市商工会在職中に、企画・製作したオリジナルのもの。

『魅力ある商店街づくり』発刊


img_6763.JPG

『魅力ある商店街づくり~商店街活性化の課題と方策~』を発刊(2012年1月)。

個店の魅力向上、商店街への集客と交流の促進、快適な買い物空間づくり、商店街組織のマネジメントなどの方策を提言。

書名    魅力ある商店街づくり~商店街活性化の課題と方策~
著者  今井  裕
サイズ    A4判  ページ数 11

発行年月   2012年1月
分類     (04)研究・評論部門
定価(本体)  500 円

『親の心 子知らず』

2cn9yt3c.jpg

2001年に書いた『親の心 子知らず 』。

日本の古典文学を中心にし、その中から、親の心を感じる箇所を抽出。口語訳と著者独自の随想を記している。
殺伐とした社会状況のなかで、親子の関係が揺らいでいる。親子のありようと親の心を再認識したい。

母が逝った部屋で、一ヶ月で書き上げた、宿縁の書かもしれない。

書名    『親の心 子知らず』
著者   今井  裕
発行社(者)   ほおずき書籍
長野県長野市柳原2133-5
TEL:026-244-0235㈹
印刷所名   ほおづき書籍
サイズ    四六判  ページ数 60
発行年月   2001年12月21日
分類     (03) 文芸部門
定価(本体)  500 円

『仕事のマネジメント』

agbm5o0f.jpg

2001年に書いた『仕事のマネジメント』。
仕事の基本原則と仕事の管理などを記している。
理念を持って、効率的に仕事を進める上での考え方を述べている。
仕事を通じた思いは、「仕事随想」に記している。

書名     仕事のマネジメント
著者   今井  裕
発行社(者)   ほおずき書籍
長野県長野市柳原2133-5
TEL:026-244-0235㈹
印刷所名   ほおづき書籍
サイズ    四六判  ページ数 160
発行年月   2001年12月21日
分類     (04)研究・評論部門
定価(本体)  800 円

<内容紹介>
仕事の基本原則と仕事の管理などを記した「仕事のマネジメント」、仕事を通じた思いを記した「仕事随想」など。

『地域デザイン法』

gjcfycy3_s.jpg

1994年に書いた『地域デザイン法』。
その視点と理論は、現在も生きている。

最近になって、地域資源活用や地域ブランド、産業連携などと叫ばれるが、既に、そのことを書いている。
依然として、地域づくりのあり方の理解が進んでいない。

地域づくりは、地域資源の循環活用システムだ。
著者として、『地域デザイン法』を再認識している。

 

<内容>
地域づくりの新たなパラダイム、その視点と戦略を地域デザイン法として提言。
地域づくり原論の書。
1.地域環境の変化
2.地域づくりの目的と課題
3.地域デザイン
4.システム
5.シンボル
6.ストラテジー
7.ストラクチャー
8.スタッフ
9.地域デザインの展開と戦略
10.地域デザインの推進

地域づくりの考え方を体系的にまとめ、地域活性化の視点や戦略が明らかになる。

書名    地域デザイン法
著者 今井  裕
発行社(者) 銀河書房
サイズ   四六判  ページ数 198
発行年月  1994年7月20日
分類    (04)研究・評論部門
定価        1500

『信州かるた』

gh0qjcui.jpg
 

『信州かるた』は、県歌『信濃の国』をベースに、県下各地の名勝・旧跡・祭事などを織りこんだデラックスなカルタ。読み札の解説書きと信濃の国の歌詞・楽譜が付いている。

郷土学習の教材にも最適。
県下各地で、子どもたちに『信州かるた』で遊んでほしい。そんな活動を拡げたい。

書名     信州かるた
著者  読み札と解説 今井  裕
発行社(者)  ほおずき書籍
長野県長野市柳原2133-5
TEL:026-244-0235㈹
印刷所名   ほおづき書籍
サイズ    182×132×30 枚数 48
発行年月   2009年12月25日
分類     (03) 文芸部門
定価(本体)  2000 円  

『信州かるた』普及版

img_53301.JPG

『信州かるた』普及版の特徴は、
①読み札・絵札が、つながっているので、自分で切り取る。
②ぬり絵のケースがついている。
 

札セットの手間を省いて、値段を安くしている。

『信州かるた』は、県歌『信濃の国』をベースに、県下各地の名勝・旧跡・祭事などを織りみ、読み札の解説書きと信濃の国の歌詞・楽譜も付いている。

郷土学習の教材にも最適なので、県下各地で、子どもたちに遊んでほしい。
普及版も広めて、そんな活動につなげたい。

書名     信州かるた・普及版
著者  読み札と解説 今井  裕
発行社(者)  ほおずき書籍
長野県長野市柳原2133-5
TEL:026-244-0235㈹
印刷所名   ほおづき書籍
枚数 48
発行年月   2010年12月24日
分類     (03) 文芸部門
定価(本体)  1050 円