ホームページ「とうみ ひと ねっと」・紹介記事( 2007年11月14日)

「とうみ ひと ねっと」・紹介記事( 2007年11月14日)

以下、掲載記事の抜粋。 

東御市商工会 今井 裕事務局長

・仕掛け人・仕事人・東御市まちづくり要人・56歳
——————————————————–
 時々商工会に行って事務局長とお話をします。静かなんだけれどこれがなかなか・・・。
 レッツ号のプロジェクトが一段落して、燃え尽き症候群かと思いきや。つぎから次となんかやっているもんねー。
 これを、東御市まちクリエイターと呼ばずしてなんとする。上田市民ですけれどね。日夜東御市のために大活躍。

 

新年始動の読経・『修証義』

e4bfaee8a8bce7bea9.JPG

新年始動の読経・『修証義』

新年写経・『自我偈』

e58699e7b58c.JPG

新年写経・『自我偈』

書初め・祝新年 『左馬』

e5b7a6e9a6ac.JPG

書初め・祝新年『左馬』

「左馬」の由来・招福と商売繁盛のシンボル

「馬」の字が逆さに書かれている「左馬」(ひだりうま)。「うま」を逆から読むと「まう」と読める。「まう」という音は、昔から、めでたい席で踊られる「舞い」を思い起こさせるため、「左馬」は福を招き縁起がよい。 

 「馬」の字の下の部分が、財布のきんちゃくの形に似ている。きんちゃくは、口がよく締まって、入れたお金が逃げていかないため、富のシンボルとされる。  

◎人が馬を引くものだが、その馬が逆になっているため、馬が人を引いてくる(=招き入れる)ということから、商売繁盛につながる。  

◎馬は左側から乗るもので、右側から乗ると落ちてしまう。「左馬は倒れない」として、人生を大過なく過ごせるという意味が込められている。